文化庁メディア芸術祭

マンガ部門
大賞

かくかくしかじか

東村 アキコ
[日本]
かくかくしかじか
©Akiko HIGASHIMURA / SHUEISHA
少女マンガ家を夢見ていた頃から、夢を叶えてマンガ家になるまでとその後の半生を題材にした自伝的作品。「自分は絵がうまい」とうぬぼれていた高校3年生の林明子は、美術大学入学を志し、海の近くにある美術教室に通うこととなる。そこで出会った絵画教師・日高健三は、初対面で絵画教師とは思えない強烈なインパクトを放ち、明子が描いたデッサン作品を見るなり、竹刀を振りかざして「下手くそ」と言い切った。そこから日高先生と明子、2人の物語が始まっていく─。作者の人生に大きな影響を与えた恩師との数々の思い出とともに、自らの高校生活から大学での生活、そしてマンガ家デビューへの道のりを描く。マンガを「描く」ことへの愛が、個性的なキャラクターたちとさまざまなエピソードを通して表現され、笑いと涙の要素が随所に盛り込まれた作品。

『Cocohana』(集英社)
連載開始:2012年1月号
連載終了:2015年3月号
贈賞理由
東村アキコは「自分のこと」を題材に描く作家である。周囲の人をキャラとして「どう」描くのか、経験をマンガとして「どう」おもしろく描くのかに心を砕き、膨大な作品を生みだしてきた。だが本作における(そして作者の半生における)最重要人物である恩師・日高は、これまで一度も描かれていない。長い間作者の奥底で大切に寝かされてきたことで、また冒頭で述べた作家活動の蓄積によって、「個人的な経験」は、誰もが同じ痛みを覚える「普遍的な物語」へと昇華された。日高が幾度も口にする「描け」というセリフは、創作者はもちろん、すべての働く人への「手を動かさなければ何も生みだせないのだ」という、作者の実感を伴ったエールである。「マンガ大賞2015」受賞などすでに評価を受けているが、完結巻が審査委員一同の胸を打ち、大賞贈賞に至った。完結後、初の歴史ものや探偵ものに着手するなど攻めの姿勢を崩さない東村アキコ。本作はその作家人生の節目となるはずだ。(門倉 紫麻)
受賞者コメント
「絵を描くこととは何か」、体当たりで教えてくれた私の恩師というか師匠との思い出を、ただ、思い出すまま何も考えずに描いたこのマンガでこのような大きな賞をいただけて本当に驚いています。
ただ、「描くしか」ない。この賞に恥じないようこれからも私にしか描けないマンガを描き続けていきたいと思います。

プロフィール
東村 アキコ
1975年、宮崎県生まれ。マンガ家。金沢美術工芸大学で油絵を学ぶ。1999年に『フルーツこうもり』(集英社)でデビュー。代表作に『ママはテンパリスト』(集英社)『海月姫』(講談社)など。現在『Cocohana』(集英社)にて『美食探偵 明智五郎』を連載中。
本サイトでは、お使いのブラウザからの閲覧を推奨しておりません。
このまま閲覧されますと、正しく表示されない場合がございます。
ブラウザを最新版にアップデートしてご覧ください。
アップデートする
そのまま閲覧する