文化庁メディア芸術祭

展示・上映・関連イベント
ラウンジトーク&ライブパフォーマンス vol.1「パフォーマンスびより」
アート
エンターテイメント
パフォーマンス
スーパー・デラックス
2/3

受賞作家のプレゼンテーションと作品の実演、パフォーマンス作品の公演を行う恒例のイベントシリーズ「ラウンジトーク&ライブパフォーマンス」。今年は会期中2回にわたり開催します。vol.1に登場するのは、今年度のアート部門とエンターテインメント部門の受賞作家たち。アート部門優秀賞『The sound of empty space』の作家によるライブパフォーマンス、エンターテインメント部門大賞『正しい数の数え方』のプレゼンテーション、新人賞『ほったまるびより』のパフォーマンス、リズム・バイオレンス・ゲーム『Thumper』のプレゼンテーションなど、彼らの多彩な表現をプレゼンテーションやトーク、パフォーマンスで紹介します。

日時

2月3日(水)19:00-22:30 ※開場は開演の30分前から

会場

スーパー・デラックス

定員

250名

出演

第1部
出演:
Adam BASANTA(アート部門優秀賞『The sound of empty space』)
動いた。(エンターテインメント部門審査委員会推薦作品『Dancing Paper』)
吉開 菜央(エンターテインメント部門新人賞『ほったまるびより』)
モデレーター:
工藤 健志(エンターテインメント部門審査委員/青森県立美術館学芸員)
米光 一成(エンターテインメント部門審査委員/ゲームデザイナー)

第2部
出演:
Marc FLURY / Brian GIBSON(エンターテインメント部門優秀賞『Thumper』)
岸野 雄一(エンターテインメント部門大賞『正しい数の数え方』)

モデレーター:
飯田 和敏(エンターテインメント部門審査委員/ゲーム作家/立命館大学映像学部教授)
東泉 一郎(エンターテインメント部門審査委員/デザイナー/クリエイティブディレクター)

言語

※一部[J/E]逐次通訳あり

<申込にあたっての注意事項>
※ウェブサイトからの申込には、チケット申込サービス「Peatix」を利用しています。個人情報の取り扱いにつきましてはPeatixの 利用規約に同意いただいた上でお申込ください。
※申込締切はイベント開催前日の17時です。
※受付は先着順です。各回定員に達し次第、受付終了となります。
※実施内容が変更・中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※未就学児の入場には保護者の同伴が必要です。
※各イベント、参加者1名につき1回の申込が必要です。
※複数のイベントにお申込みいただけます。ただし、同時刻に開催のイベントに重複して参加することはできませんのでご注意ください。

<イベントの入場について>
※イベント開始の30分前より入場を開始します。
※入場の際には、電子チケット番号(プリントアウトまたは携帯電話の表示画面)あるいは受付完了通知ファックスを各会場の受付にてご提示ください。
※座席は自由席です。
本サイトでは、お使いのブラウザからの閲覧を推奨しておりません。
このまま閲覧されますと、正しく表示されない場合がございます。
ブラウザを最新版にアップデートしてご覧ください。
アップデートする
そのまま閲覧する