文化庁メディア芸術祭

第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展の様子(平成29年度)

第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

開催概要

Outline

第21回文化庁メディア芸術祭には、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に世界98の国と地域から4,192作品の応募がありました。


受賞作品展では、多様な表現形態を含む受賞作品と、功労賞受賞者の功績を一堂に展示するとともに、シンポジウムやトークイベント、ワークショップ等の関連イベントを実施します。国内外の多彩なクリエイターやアーティストが集い、“を映す”メディア芸術作品を体験できる貴重な12日間です。

  • 会期

    2018年6月13日(水)~6月24日(日)

  • 会場

    国立新美術館、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター、スーパー・デラックス、表参道ヒルズ、ルミネ新宿 他

  • ※開館時間は会場によって異なります。

  • 入場料

    無料

  • 主催

    第21回文化庁メディア芸術祭実行委員会

  • 会長

    宮田 亮平(文化庁長官)

  • 運営委員

    青木 保(国立新美術館長)/ 建畠 晢(多摩美術大学長)/ 古川 タク(アニメーション作家)

  • 審査委員一覧
    Jury Members
  • みどころ

  • 世界98の国と地域の4,192作品から選ばれた作品、170点以上を一堂に紹介します。

  • オブジェクトの知覚世界に触れるアート部門優秀賞のインスタレーション『アバターズ』を始め、鑑賞者に作品の意味を問いかけるアート作品を展示します。

  • エンターテインメント部門大賞のゲーム『人喰いの大鷲トリコ』に登場する実物大のトリコと触れ合うことのできる展示など、体験型の作品を展示します。

  • マンガ部門大賞の『ねぇ、ママ』の原画など、マンガやアニメーションの貴重な関連資料等も展示します。

  • アニメーション部門大賞の2作品、劇場アニメーション『この世界の片隅に』と『夜明け告げるルーのうた』の上映会が決定!その他、アニメーションや実写等、多様な映像作品をスクリーンで上映します。

  • マンガ部門の受賞作品・審査委員会推薦作品の全巻を自由に閲覧できるマンガライブラリーを設置します。

  • チラシをPDFでダウンロード
    Download PDF File
  • 協力

  • 学校法人・専門学校 HAL東京、株式会社サンゲツ、株式会社 ルミネ、株式会社GOOD、株式会社TASKO、公益財団法人日本デザイン振興会、シャープ株式会社、スーパー・デラックス、政策研究大学院大学、多摩美術大学彫刻学科、森ビル株式会社、山口情報芸術センター [YCAM] 、ユカイ工学株式会社、J-WAVE、MUTEK.JP、Peatix、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

back to top