文化庁メディア芸術祭

第22回:応募総数は4,384作品

2018.12.25
このエントリーをはてなブックマークに追加

22回文化庁メディア芸術祭の作品募集は,2018105日をもって終了し,今回も多くの作品が寄せられ,応募総数は4,384作品となりました。海外からは過去最多の101の国と地域から2,453作品の応募がありました。また,アート部門の応募は過去最多の2,501作品となりました。文化庁メディア芸術祭は,メディア芸術の多様性と時代を映しだす表現を広く紹介する国際的なフェスティバルへと発展を続けています。

今後は,各部門の審査委員による審査を実施し,高い芸術性と創造性を基準として,部門ごとに大賞,優秀賞,新人賞を選定します。受賞作品は,功労賞と審査委員会推薦作品とともに20193月に発表を予定しています。

http://festival.j-mediaarts.jp/download/22jmaf_Contest_PR.pdf

その他の新着情報

Other News

女優・新川優愛さんがアンバサダーに就任!

2019.5.9

第22回:受賞作品発表 4,384作品の応募から、ついに決定!

2019.3.1

VIEW MORE
back to top