文化庁メディア芸術祭
第22回

アニメーション部門

新人賞

Am I a Wolf?

短編アニメーション

Amir Houshang MOEIN [イラン]

作品概要

イランの現代絵本作家アフセイン・シャバン・ネジャッドの詩集を元に、青少年知的開発センターのためにつくられた短編アニメーション。子どもたちが学校で、狼が家畜を襲うといったおなじみのストーリーを人形劇で演じる。中心となって描かれるのは、子ヤギを見失い悲しむメスのヤギと興奮した様子の1匹の狼が対峙するシーンで、雷に打たれた狼が川に落ちたところで人形劇は終了する。人形劇の終了後、子どもたちが拍手を受けるなか、凶暴な狼の役を演じた子どもだけが川辺で一人泣いている姿が映し出される。ダイアログのないストーリーであることで、年齢や文化を超えて示唆を与える作品。

贈賞理由

劇中で演じる狼があまりに怖いので、劇であることを忘れてしまい、本当の恐怖に囚われる。そうした現実とファンタジーの境がなくなっていく体験では、怖さの対象が巨大にそして圧倒的な迫力で迫ってくる。その恐怖のリアルさが、子どもの目線で描かれ、恐れおののく体験は、劇であることを忘れた真実のものである。狼を演じた子どもは、劇が終わっても、狼であるかのような錯覚を持ち続けてしまう。彼らにとって、ファンタジーのリアルさは、現実を超えてしまうほどの迫力を持つのであろう。子どもの心理を的確に捉えた本作は新人賞に相応しい。(横田 正夫)


back to top