文化庁メディア芸術祭
第22回

アート部門

審査委員会推薦作品

Biological Tailor-Made

バイオアート

川崎 和也 [日本]

© 2018 Kazuya Kawasaki All rights reserved.

作品概要

3Dスキャンによって制作された義体上に、人工皮革バイオレザーを寄生させ、人間ではなく微生物が生成する着用者ぴったりの衣服。バクテリアと共創しながら衣服を制作する過程を通して、バイオテクノロジーが地球環境に対して多大な影響を与えるようになった人新世における衣生活の現代的意味を問い直す。

back to top