文化庁メディア芸術祭
第22回

アート部門

審査委員会推薦作品

群生地放送

映像インスタレーション

藤倉 麻子 [日本]

作品概要

都市が人間の想定を超えて拡張、増殖や変形を繰り返し、非機能的な自律運動を続けていく。その様子を3DCGによる人工的なテクスチャと触覚性を持ったイメージを用い描出する映像で構成されるインスタレーション。都市に潜在するリアリティを表現し、ある種の過剰性(原始的な感性に結び付く呪術性)を見出そうとしている。

back to top