文化庁メディア芸術祭
第22回

アート部門

審査委員会推薦作品

Deleted Reality

メディアインスタレーション

真鍋 大度/石橋 素/花井 裕也 [日本]

Photo: Muryo Homma

作品概要

カメラなどの電子的なデバイスを利用せずに、肉眼でローリングシャッター現象が体験できる作品。レーザープロジェクタの手前にスリットの空いた円盤を設置し、レーザーの照射タイミングと円盤の回転を同期させることで、光が歪んだり途切れて見える。本作は、現実に存在するが人間の知覚を通すことにより消失してしまうリアルを描き出す。

back to top