文化庁メディア芸術祭
第22回

アート部門

審査委員会推薦作品

Flame

映像作品

Sami VAN INGEN [フィンランド]

© 2018 Sami van Ingen

作品概要

発見されたフィルムの断片を再構成してつくられた映像作品。フィンランド人映画監督、テウヴォ・トゥリオが1937年に制作した『Silja – Fallen Asleep When Young』は、1959年のスタジオ火災によってすべてのフィルムが焼失してしまった。しかし2015年にパリのシネマテーク・フランセーズに唯一残っていたナイトレート・フィルム(現在は使われていない可燃性フィルム)が発見される。映像は所々、熱で変形したかのように歪み、変色する。

back to top