文化庁メディア芸術祭
第21回

アート部門

審査委員会推薦作品

hello world

映像作品

勅使河原 一雅 [日本]

作品概要

あらゆるところに存在する「境界」をテーマにした作品。独自のアルゴリズムによって、リアルタイムかつ無限にアニメーションを生成し続けていく。鑑賞者は、次々と変容していく映像を前に、これから先何が描かれていくのかを見守ることとなる。思索の時間ともいえるその体験は、再生された動画の視聴からは得難いものである。


back to top