文化庁メディア芸術祭
第20回

アート部門

審査委員会推薦作品

展示詳細 上映プログラム 関連イベント

Hypergradient

メディアインスタレーション

Andreas LUTZ [ドイツ]

© 2016 Andreas Lutz
作品概要

解釈学に着想を得た、同じ情報でも異なる解釈が生じることを体験できるインスタレーション。伸縮素材でできた壁が後ろの突起物に押されると文字が浮かび上がり、複数の文字を連ねて言葉や文章を提示する。1周めの「提示」では固定された照明によって、2周めの「解釈」では動く照明によって照らされるため、同じ情報でも印象が大きく変わる。


プロフィール
Andreas LUTZ
ドイツ
back to top