文化庁メディア芸術祭
第21回

アート部門

審査委員会推薦作品

monoscape

映像作品

Viktor BRIM [ドイツ]

作品概要

港湾施設では、さまざまな機械が一定のリズムを刻み、目的を持って常に動いている。カラフルなコンテナは吊るされてどこかよその場所に置かれる。その合間には動きのない停滞が垣間見える。そして夜が近付くと、機械の動きは影に隠される。本作は、工作機械のプロセスを静態的に捉えることで、そこに連続性と普遍性を見出す。


back to top