文化庁メディア芸術祭
第22回

アート部門

審査委員会推薦作品

Schnellraumseher: Bouncing Ball

メディアインスタレーション

鈴木 健太 [日本]

© 2018 Kenta Suzuki

作品概要

連続する物体を回転させて局所的に光を当てることにより、実体を持つアニメーションとして再生するメディア装置。弾むボールの動きを示した物体は、地面に着いた時点には潰れ、勢いよく上昇および落下する時点には引き伸ばされた形状で表される。こうした物理的制約から離れた二次元的なアニメーション表現を、三次元の表現・鑑賞空間で再生する。

back to top