文化庁メディア芸術祭
第22回

エンターテインメント部門

審査委員会推薦作品

センターライン

映像作品

下向 拓生 [日本]

© Takumi SHIMOMUKAI

作品概要

自動運転AIの発展により交通事故が激減した近未来。新任検察官の米子天々音は、死亡事故を起こした自動運転AIを過失致死罪で起訴しようと画策する。しかし感情が存在しないはずの「彼」は「わざと殺した」と供述。人工知能の性能評価試験チューリングテストをモチーフに、AIの課題をシミュレーションして娯楽性の高いサスペンス映画に仕上げた。

back to top