文化庁メディア芸術祭
第22回

エンターテインメント部門

審査委員会推薦作品

ケケノコ闊歩でホコ天をつくる

パフォーマンス

ケケノコ族 (代表:ひさつね あゆみ) [日本]

作品概要

80年代に社会現象となった「竹の子族」の文化を引用し、現代にフィットする新しい「族」の概念を生み出した。誰でも参加可能とし、毎月2回奇抜な格好で原宿の街を踊りながら練り歩くパフォーマンス(=ケケノコ闊歩)を行う。年齢層は10代~30代。70年代~現代の既存のヒット曲にオリジナルの振り付けをつけ、原宿の都市文化を新しい形で現代に甦らせた。

back to top