文化庁メディア芸術祭
第20回

エンターテインメント部門

新人賞

展示詳細 上映プログラム 関連イベント

岡崎体育「MUSIC VIDEO」

ミュージックビデオ

岡崎体育/寿司くん [日本]

© SME Records
作品概要

男性ソロアーティスト岡崎体育のメジャーデビューアルバム『BASIN TECHNO』に収録された楽曲「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオ。ミュージックビデオにおける“あるある”がテーマの楽曲で、「カメラ目線で歩きながら歌う」「急に横からメンバー出てくる」などミュージックビデオで目にしがちな演出が歌詞になっており、その歌詞に沿って岡崎体育自身が“あるある”をひたすら再現していく。撮影スタッフは岡崎体育本人を含め、インディーズ時代からの盟友、映像作家・寿司くんと岡崎体育のマネージャー、計3名のみで、約100時間をかけて撮影した。制作費6万円ながら、SNSを中心に大きな反響を呼んだ作品。

https://okazakitaiiku.com/
贈賞理由

「ミュージックビデオ」という、約30―40年のあいだに普及し定着したメディア様式のなかで、その反復の飽和状況に対し、メタ視点を導入した。それを、外からの批判・批評としてではなく、文字どおりのミュージックビデオのかたちで笑いを生じさせるエンターテインメントに仕上げた点で、エポックメイキングな作品となった。特別な制作環境を準備せずとも、ごく一般的に入手可能な機材と最小限のスタッフワークでやり切れることを示した点も今を象徴しているが、ではこのメタ視点を踏まえた次にどこへ向かうのか、新たな提示、開拓への期待が集まった。(佐藤 直樹)


プロフィール
岡崎体育
日本
寿司くん
日本
back to top