文化庁メディア芸術祭
第20回

エンターテインメント部門

審査委員会推薦作品

展示詳細 上映プログラム 関連イベント

Type Space: Draw

インタラクションデザイン

計良 風太 [日本]

© 2016 Futa Kera
作品概要

タイピングという行為によって文章は残るが、その行為自体は残らない。本作は、消えゆく行為を可視化するために、キーボード上のキーの位置、画面上の文字の位置、キーを打つタイミングをもとに、「フックの法則」を用いて3次元空間上にタイピングの軌跡を表わした。描かれた線からは、まるで毛筆書きのような勢いが感じられる。


プロフィール
計良 風太
日本
back to top