文化庁メディア芸術祭
第22回

マンガ部門

審査委員会推薦作品

むかしこっぷり

おくやま ゆか [日本]

© OKUYAMA Yuka 2018
作品概要

両親や親族、職場の仲間といった身の回りの人々の幼い日々の思い出話を、作者が直接聞いてマンガにした連作短編集。残そうとしなければ忘れられて消えてしまう、他愛のない、しかしその人だけの物語を、柔らかい線と背景によって丁寧に描き残した。拾遺や昔話の現代版ともいうべき試みが、誰もが共通して持っている哀愁を喚起する。

back to top