文化庁メディア芸術祭
第21回

マンガ部門

審査委員会推薦作品

大江戸国芳よしづくし

崗田屋 愉一 [日本]

© 2017 Yuichi Okadaya / NIHONBUNGEISHA Co., Ltd.
作品概要

江戸中に名を馳せる不世出の絵師・歌川国芳も、若い頃は師に冷遇され困窮と鬱屈にまみれていた。豪商・遠州屋佐吉は国芳に出会い、その才能に惚れ込む。町人文化全盛期だった江戸の町を舞台に、国芳の若き困窮時代から、人気絵師への契機となる佐吉との運命的な出会い、そして武者絵を描く決意を抱く経緯が、虚実を大胆に織り交ぜながら描かれた作品。


back to top