文化庁メディア芸術祭
第22回

マンガ部門

審査委員会推薦作品

生理ちゃん

小山 健 [日本]

© Ken Koyama 2018
作品概要

月に一度やってくる、女性の生理をキャラクター化した生理ちゃん。生理ちゃんは、腹部へのパンチや、注射器での採血といった容赦ない行動で、女性に生理痛を与えてくる。コミカルながら、生理をテーマに女性たちが抱える喜怒哀楽と真摯に向き合った物語集。女性からは多くの共感を呼び、男性には理解の入り口となる作品として親しまれている。

back to top