文化庁メディア芸術祭
第22回

マンガ部門

審査委員会推薦作品

セリー

森泉 岳土 [日本]

© MORIIZUMI Takehito 2018
作品概要

独特の作画と詩情あふれる物語で注目される作者の、初のSF作品。生命活動に適さない大気となった未来、ゆるやかに終末へと向かう世界のなかで、膨大な本を収蔵した書庫のある家に外界と隔絶されて暮らすカケルと、アンドロイド・セリーの静かな日々を描く。単行本には表題作のほか、家族や友人についてのエッセイ・コミックや描き下ろしなどを収録している。

back to top