文化庁メディア芸術祭
第21回

マンガ部門

優秀賞

銃座のウルナ

伊図 透 [日本]

© IZU Toru
作品概要

一年のうち、わずかしか晴れることのない風雪にまみれる島、リズル。そこに世界の覇権を握る国家レズモアの女性狙撃手、ウルナ・トロップ・ヨンクが赴任することから物語は始まる。島は歯茎がそのまま歩いているような異形の蛮族ヅードの住む地と定められており、ウルナの仕事は、雪の中から襲い来る彼らと戦うことであった。しかし、ウルナと同じく基地に赴任する生物研究者・ラトフマはヅードと秘密裏に通じていた。密会の現場の目撃者となったウルナは、ヅードのグロテスクな姿の秘密と、レズモアの持つ国家的な陰謀に、極限の地での戦いを通じて近づいていく。これまで『ミツバチのキス』(2008-09)、『エイス』(12-14)などで、熱狂的な人気を獲得してきた作者によるSF作品。白い雪の豊かな質感や、襲いかかるヅードたちの迫力など異世界の戦場が、高い作画技術によって活写されており、読む者を強く引き込む。

贈賞理由

人間を殺すのは難しい。物理的にもだが、心安らかに眠るために美しい言い訳が必要だ。「いっそ相手を人間じゃなくせば簡単じゃないか」そんな実験を思いついた者も人間ではないモノになっているだろう。世界を簡単にさせたしわ寄せは辺境でどす黒くたまっていく。故郷を守るためという女と、故郷を捨てるためという女がともに戦う。どちらにしても「国家」が作ってくれた物語に乗っかっているのだ。いつか自分の物語だと自覚した世界でウルナが銃を撃つ日が来るのだろうか。その相手は何なのだろうか。伊図透のマンガには世界観がある。世界を作ってはいるが神の視点では見ていない。どこまでも疑わしい「真実」を求め、世界の地下も塔の上も泥の中も這いずり回る捜索こそが創作なのだと思う。このマンガはその世界での戦争の証言なのだ。これからも彼が見てきた世界を存分に見せてほしい。(松田 洋子)


back to top