文化庁メディア芸術祭
第20回

功労賞

飯塚 正夫

コンテンツ・マネージャー

プロフィール

1941年、東京都生まれ。63年、株式会社虫プロダクション入社。日本初の連続テレビアニメーション『鉄腕アトム』で、手塚治虫が考案したバンクシステムの運用を担当し、改定や体系化を行なうなど制作状況の改善に寄与。また、映像フィルムの原版をはじめとする作品の制作資料や参考図書を収集整理し、資料図書室化を実現。74年、株式会社創映社の企画・資料・広報の素材作成を担う。77年、サンライズスタジオ(現・株式会社サンライズ)の創設者たちとともに『機動戦士ガンダム』などの企画立案に携わる。また、独立プロダクションにとって最大の財産である、版権の商品化や出版を提案し監修にあたる。同社においても、広報への資料素材の提供のために資料室を開設。のちには企画・版権・資料の業務を分立し、後継の育成に尽力する。晩年は、資料のデジタルデータ化のファイルシステムを導入するなど業務改善に貢献。2001年に退社、隠退。

贈賞理由

株式会社虫プロダクションが日本初の30分テレビシリーズのアニメーションを制作した折、手塚治虫とともに「バンクシステム」を考案、厳しい制作状況の克服に大いに寄与した。その後、株式会社サンライズが制作を始めると「資料室」を立ち上げ、作品の諸資料を整理管理し、独立プロダクションの最大財産ともいえる作品の版権監修を担った。さらにはテレビアニメーション界の広報活動を活発化させ、今に至るアニメーション文化の醸成と発展に大いに尽くした。アニメーションに関わる出版事業、各種展覧会運営などで氏のお世話にならなかった人はいないのではなかろうか。(髙橋良輔)

back to top